Archive for the ‘Word of the Day’ Category

Word of the Day #5: Kiasu・キャースー・Afraid to Lose

in Singlish Word of the Day, Word of the Day

シングリッシュ・シリズの第日課
Singlish Word of the Day #2

前回、「アンモ」を説明しましたね。今回は、もう一つよく使われるシングリッシュの言葉を教えます。
The last time, I talked about Angmoh. This time, I will teach you another commonly used Singlish word.

「キャースー」は「自分の立場を守ることを優先しなければなりません。他の人を利用しても構いません。」の感じがあります。
Kiasu has the feeling of “I must prioritise my own interests, even at the expense of others”.

この言葉は「アンモ」と同じで、本来ビン南語のことばです。
Like Angmoh, this word is originally Hokkien/Minnan dialect.

ビン南語から直訳すれば、「失敗するが怖い」を意味します。
Directly translated from the Minnan dialect, it means “to be afraid to lose”.

かなり悪い意味があるから、使わないほうがいいだと思います。-___-;;;
It has a quite a bad meaning, so I think it’s better not to use it. -___-;;;

Word of the Day #4: Angmoh ・アンモ・ 白人・White Person

in Singlish Word of the Day, Word of the Day

シンガポールで、一種独特な英語がよく話されています。この強い訛の英語は「シングリッシュ」と言います。
In Singapore, we speak a kind of quirky English. This heavily accented English is called “Singlish”.

今日は、一つよく使われるシングリッシュの言葉を教えます。
Today, I will teach you a commonly used Singlish word.

それは、「アンモ」です。意味は 「白人」や「西欧人」です。
That is: “Angmoh”. It means white person or a Westerner.

本来、「アンモ」は ある「ビン南語」という南中国の方言の言葉です。
“Angmoh” is originally a Hokkien/Minnan word. Hokkien or Minnan is a Southern Chinese dialect.

直訳すれば、「アンモ」は「紅毛」を意味します。
Translated directly, “angmoh” means red hair.

昔は、この言葉は少し蔑称の意味があったんけど、今はもう日常的な言葉になりました。
In the past, it’s a bit derogatory, but now it has become a commonly-used, neutral word.

Word of the Day #3: クリスマスケーキ Christmas Cake

in Japanese Word of the Day, Word of the Day

今日はYouTubeに(1分11秒)面白い日本語スラングを習いました。
Today, I learned an interesting Japanese slang from YouTube (1:11min).

クリスマス・ケーキと言えば、独身女性です。
Christmas cakes are like single women.

クリスマス・ケーキは、25日後、もう要らないだから、安くなります。
After the 25th, Christmas cakes are no longer wanted, so they become cheaper.

同様に、女の人は、25歳後、結婚のチャンスは少なくなります。
Similarly, women after they are 25, their chances of getting married become slimmer.

どっちもちょっとひどいなんだけど、日本語の「クリスマスケーキ」は、中国語の「剩女 」より優しそうだと思います。
They’re both pretty mean but the Japanese “Christmas Cake” sounds gentler than the Chinese “Leftover Women”.

でも、現在、結婚適齢期が高くなるので、「クリスマスケーキ」はよく使いませんらしいです。
However, now, the marriageable age has gone up, so “Christmas Cake” seems to be rarely used.

Word of the Day #2: 誠・sincerity

in Japanese Word of the Day, Word of the Day

誠・まこと・sincerity

「誠」は不思議な言葉です。英語から直訳すると、「sincerity」になります。
“Makoto” is a mysterious word. If you translate it directly into English, it becomes “Sincerity”.

けれど、「誠」と「sincerity」の意味は全く違っています。
However, the meanings of “makoto” and “sincerity” are completely different.

英語で、「sincerity」と言うのは、「本当の感情を示す」の意味です。
In English, “sincerity” means to express one’s own honest feelings.

あるアメリカの有名な人類学者によると、日本語の「誠」の意味は違います。
According to a famous American anthropologist , the Japanese “makoto” takes a different meaning.

「誠」と言えば、「するべきことを一生懸命にしている」を意味します。
“Makoto” means to earnestly do what one should do with all one’s efforts.

あの人類学者の名前はルーズ・ベネディクトです。
The anthropologist’s name is Ruth Benedict.

ベネディクトさんが書いた「菊と刀」と言う本に、すばらしい「誠」の説明が書いてあります。
In the book that Ruth wrote titled The Chrysanthemum and the Sword, a wonderful explanation of “makoto” is written.

もし興味があるから、ぜひ「菊と刀」を読んでみてください。
If you are interested, please try reading The Chrysanthemum and the Sword

Word of the Day #1: 自閉症 ・ autism

in Books, Word of the Day

自閉症 ・ じへいしょう ・ autism

今日は「ザ・デイリー・ショー」を見ました。ザ・デイリー・ショーのジョン・スチュワートと言うプレゼンターが興味深い本を紹介していました。普段、スチュワートさんは無表情で本を紹介します。けれども、今回はスチュワートさんはなかなか熱烈な紹介をしたので、私はこの本に深く興味を持ちました。

この本の作者は東田直樹と言う、日本の自閉症の少年です。この本を書いている時、東田さんはまだ十三歳でした。この本は「自閉症が僕を飛翔させる理由」が書いてあると言われています。 この本は自閉症の心理状態と世界について書かれています。

英訳の題名は “The Reason I Jump”です。翻訳者はデイヴィッド・ミッチェルさんです。ミッチェルさんはクラウド・アトラスを書た、有名な作家です。ミッチェルさんの奥さんは日本人なので、東田さんの本が通訳できました。

今、The Reason I Jumpを読んでいますが、いつか、原書が読みたいです。

それまでに、東田さんのブロッグを読んでみます。私が考えもしなかったことがたくさんあるから、自閉症の世界はとても関心深いです。


Today, I watched The Daily Show. The Daily Show’s presenter, Jon Stewart, introduced an interesting book. Normally, Jon is pretty nonchalant when he introduces books on his show. But Jon was unexpectedly passionate while presenting this time, so I became interested in the book.

The book’s author is a Japanese autistic boy called Higashida Naoki. He was only 13 when he wrote the book. The book is called “The Reason the Autistic Me Jumps”. The book is about the psychological state and the world of autism.

The English translation’s title is “The Reason I Jump”. The translator is David Mitchell. David is the famous author who wrote “Cloud Atlas”. He could translate Higashida’s book because his wife is Japanese.

Right now, I am reading “The Reason I Jump” but one day I would like to read the original book.

In the meantime, I’m trying to read Higashida’s blog. There are a lot of things I had never thought about before, so the autistic world is illuminating one.